ももやまブログ

人権啓発紙芝居

今日は、府中町役場の方と人権擁護委員の方が来られ、人権について紙芝居や絵本を通して、
命の大切さや思いやりの心についてお話をしていただきました。

紙芝居のおっちゃんこと中村由利江さんの、楽しい手遊びや、人権啓発紙芝居「おんぷのまちのものがたり」を見て、
まわりの友達・家族そして自分の事を大事にしなければいけないことを真剣な顔で聞いていました。

最後は、「ひとりひとりたいせつな命」と、子ども達に大切にしてもらいたい言葉「ありがとう」と書いてあるボードに
鉛筆の形の折り紙を一人ずつ貼りました。

これからも、自分の事もまわりの人も大切に出来る子ども達でいてくれますように。

 

このページの先頭へ