ももやまブログ

知能教室

今日は月に1度の、田村先生の指導による知能教室がありました。

年少ほし組さんは、「色サイコロ」の積み木を使ってお勉強をしました。
まずは、先生が出した同じ色や大きさの積み木をつかまえ、色に対する関心や長さの感覚を理解していきました。
それから先生の見本と同じようにワク板に詰めていき、見比べる力をつけていきました。
最後に、冊子の上に「同じ大きさ・色」の積み木を置き、持続力をつけました。
ほし組さんは初めての知能教室でしたが、集中して頑張っていましたよ。

年中つき組さんは、「大サイコロ」の積み木を使ってお勉強をしました。
赤と黄色の大サイコロですが、色の塗り方は8種類あり、
箱の中に上部・側部、同色になるように詰めます。
簡単そうに思えて、実はとても難しく、集中力が必要となります。

年長そら組さんは、「凸凹」の積み木を使ってお勉強をしました。
10種類の凸凹の積み木を、箱の中に隙間のないよう詰めていきます。
試行錯誤を繰り返させ、見通しの力=論理的思考力を養なっていきます。

みんな集中してよく頑張りましたね♪

このページの先頭へ