ももやまブログ

人権啓発紙芝居

今日は、府中町役場の方と人権擁護委員の方が来られ、
子ども達の人権について紙芝居や絵本を通して、
命の大切さや思いやりの心についてお話をしていただきました。

紙芝居の「おっちゃん」こと、中村由利江さんによる手遊びや紙芝居に子ども達はくぎ付けでした。

最後は、『ひとりひとり たいせつな命』のボードに一人ひとりが星を付けました。

お友達、家族、そして自分自身。
ひとりひとりみんなひとつしかない命、大切にしましょうね。

紙芝居のおっちゃんとのお約束。おうちに帰って出来るかな?

このページの先頭へ